けん銃に手をかけた?2013/02/07

 「拳銃に手をかけた?」 「いや、撃鉄を起こして狙いをつけたようなものだ」
 「刀の鯉口を切った?」 「いや 抜いたところ」
 元「男の子」たちはやや興奮気味に語りあっています。

 「男の子」の張り切るのも無理はありません。中国軍艦が自衛艦に照射したという射撃管制レーダーというのはとても剣呑なものなのです。軍艦であれ何であれ船のマストの上でくるくるまわっているレーダーとは全く違うものです。
 ハリウッド映画でよく登場する照準ための赤い光の点。人物の額にその赤い光が当たるということは、引き金を引けばそこに弾が当たることを意味しています。あれと同じです。
 「ロックオン」という言葉も思い出します。照準が定まったということです。あとは引き金を引くかミサイルの発射ボタンを押すだけです。
 最近の大砲やミサイルは、このレーダー照準が定まるとあとは100発100中です。
直ちに回避か反撃をしても、次は「撃たれる」ではなくて「命中」なのです。

 西部劇では相手が拳銃に手をかけたら、いや拳銃に向けて手を動かしただけで正当防衛が成立すると言われていました。
 時代劇でも刀の柄に手をかけたら戦闘開始でした。
 
しかしその論理は危険です
 私たちはひょっとすると、とても「ヤバイ」やつを相手にしているのかも知れないのです。考えてみてください。中国軍というのは中国政府の軍隊のようで、実はそうではないのです。中国共産党の軍隊なのです。「共産党が政権を握っているのだから同じことじゃないか」と言われるかもしれませんが、私たちの国がかつて持っていた軍隊のことを思い浮かべて下さい。帝国陸海軍も日本政府の軍隊ではなくて天皇の軍隊でした。天皇は日本の元首でしたから、天皇の軍隊は政府の軍隊だと言えましたか?
 統帥権は政府ではなくて天皇に属しているので、日本軍は出先で政府の知らないままに行動し、追認させることができました。そのことが日本を侵略国家として振舞わせる上で大きな要因になりました。
 政府の統制を離れることが可能な軍隊が暴れると政府間外交が統制力を失いますから、カウボーイの撃ち合いになってしまいます。

 近現代の世界で、形式的にせよ政府とは別の統制系統を持った軍隊を私は他に知りません。奇しくも両方とも「こうぐん」(皇軍と紅軍)と唱えるのですが・・・。
 私たちは、政府と別の統制系統を形式的にせよ持っている軍隊というものがどのようなふるまいに及ぶ可能性を持っているのかを自分の国の歴史で知っている稀有な存在です。
 教訓に基づいて冷静に対処しましょう。挑発や屈辱に耐え、「状況次第」の「状況」を改善する努力しか選択肢はないのです。

竹中さん2013/02/08

竹中さん

 お久しぶりです。NHKのニュースに生出演しておられましたね。お姿だけでなく、ご発言もとても懐かしいものでした。

 「雇用の規制を取り払わないと企業は雇用がしにくいので海外に逃げて行ってしまう。」
 このようなご趣旨だったように思います。

 かつて、この考えのもとに、派遣労働が解禁されたのですよね。
 その結果はどうだったでしょうか。

 手元に1000円の金も持たずにネットカフェで世を明かす若者。「年越し派遣村」の大賑わい。秋葉原だったかの無差別殺人事件。

 商品は自由競争の中で品質と価格のバランスが磨かれていくものです。

 しかし、労働力は商品として扱ってはいけないのです。なぜならそれは生きた人間だからです。
 人間は商品と違って値段が合わないからといって在庫しておくわけにはいきません。在庫の間に飢えて死んでしまいます。

 人間は商品と違って性能向上のために仕事を休むわけにはいきません。その間収入がなくては食べられないのですから。

 人間は日々食べなくてはいけないので、商品市場では不断にたたき売りをするしかなくなります。
 だから労働力市場には他の商品市場には無い、労働者保護のための特別な「規制」がかけられてきたのです。

 雇用に関するものでいえば、職業安定法がその柱です。公共以外に労働力のあっせん(人入れ)を禁じる法律です。
 労働者派遣法はこの「人入れ」を解禁したのです。それでも製造業でまでこれを許すと不安定雇用が増大するので、まだ製造業での派遣は禁止されていました。それを取り払ってしまったのが、小泉改革です。竹中さんの仕事の一つでしょう。

 労働力市場の規制撤廃は最も大事なところですでに実施されているのです。その結果が、今日の不安定雇用の拡大、社会不安の増大なのです。

 なのにあなたは「僕はまだ本当の成長戦略をやったことはないのです」とおっしゃる。
それは、私には「まだ、労働者を本当の地獄にたたきこんでいません」とおっしゃったように聞こえてしまいます。

 かつて帝国陸軍は、もう十分以上に戦って負け続けていながら、本土決戦を呼号するにあたって、「我が軍はまだ本当の地上決戦をやっていない」と叫んだそうです。
 そのバカバカしさと、しかしこのばかばかしい無責任がもたらした災厄の深刻さを、竹中さんのこの発言と重ね合わせて考えてしまうのでした。