「わきまえ」のない人々2017/03/31

 森友学園事件。首相夫人に公務員の秘書がいることに、まず驚きました。その公務員が、夫人への陳情に関して、役所に問いあわせ、陳情者に返事をしている事にはもっと驚きました。
 首相夫人といっても一私人です。その私人に公務員の秘書がついているのは、首相夫人としての行動を支えるためであって、私人である夫人が受けた相談の回答をするためではありません。公私の別がついていません。
 
 学校設立認可のために総理大臣の力を借りようとした時点で、それは「横やり」や「口利き」を求めたことになるのですが、あの理事長さんにはそれがわからないのでしょうか。天皇主義的教育を目指す学校の設立のためには政治家の不当な圧力を使ってもいいと思ったのでしょうか。 
 今回の事件の登場人物には、このような、「わきまえ」のない行動が目立ちます。

コメント

トラックバック