尾辻かな子 立憲民主党衆院議員の講演2018/07/17

みどりの政治塾2018年前半 第2回
「LGBTと自治体政策について」  

 LGBT人口は、連合や電通の調査で、約4~5%いるというデータが出ています。40人学級で1~2人いる計算です。LGBT施策について、同性パートナーシップ制度がチラホラ作られ、宝塚市においても、同制度が出来ました。性的少数者向けの相談窓口の設置、誰でもトイレの開設、学校における配慮など、自治体で取り組めることは、少なからずあります。
 今回は、性的マイノリティに対する偏見、差別の解消を目指し、国会の場で活動している、尾辻かな子さん(立憲民主党)からお話しを伺います。
 併せて、尼崎市に在住している元トランスジェンダーの森村さやかさんからもお話しを伺います。(LGBT:レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)

日 時  7月22日(日)午後1時半~4時
場 所  尼崎市立女性センタートレピエ 
          尼崎市南武庫之荘3丁目36-1 ☎06-6436-6331
講 師  尾辻かな子さん(立憲民主党衆議院議員)
報 告  森村さやかさん(みどりの未来尼崎会員)
参加費  500円(事前申し込み不要)
主 催  みどりの未来尼崎 
       ☎070-6922-2296 メールmb5m-mro@asahi-net.or.jp

コメント

トラックバック