尼崎市長選挙2014/11/14

11月16日は尼崎市長選挙の投票日です。
市民の関心は今ひとつ伸びず、低投票率が心配されます。
棄権なさらないよう、ご家族ご友人にお声をおかけください。

稲村和美の後援会のホームページをご参照ください。
http://www.inamura-kazumi.com/

今回「民主市政の会」の法定ビラに気になる記述がありましたので反論いたします。ご判断の材料にしてください。



民主市政の会はこう主張しています。
「現市政―お金がないからと市民にガマンを押し付け、「労働福祉会館は廃止。代替施設は迷走」「母子家庭に福祉医療を削減」「被爆者団体への7万円の補助打ち切り」
一方で4年間に約100億円ためこみ・・・
「市民に我慢を押し付けながら、4年間に3つの基金(市の貯金)で合計98億円も増やしています。」


○「100億円ためこんだ」・・・・。批判は結構ですが、これは少しひどい。中傷と言わねばなりません。
この100億円は市が「ためこんだ」のではなく、必要で大切な「市民の貯金」がふえたのです

「3つの基金」とは財政調整基金、減債基金、公共施設整備基金、のことです。

財政調整基金は5年前の最低の14億円から37億円にようやく回復したのです。収入や支出の大きな変動に備える貯金です。尼崎の財政規模の場合、100億円以上あるのが望ましいとされています。

減債基金は借金を返すための貯金です。毎年の返済額の凸凹をならすために必要です。
まだ2700億円の借金残高があり、毎年230億円から270億円の返済をしている尼崎市にとって63億円程度の貯金は持っていたいところです。これも5年前は16億円でした。

公共施設整備基金。どうしても必要な公共施設をつくるための貯金です。財政難の中でも町づくりのための最低限の投資をしていかなければならない尼崎市にとっては是非必要な貯金です。

5年前、これらの貯金は過去最低の35億円になっていました。。まさに綱渡りだったのです。稲村市政になってから財政再建が進み、ようやく貯金らしい姿を見せ始めたところです。
大切な「市民の貯金」です。「ため込んだ」などと言われるような額でも性質でもありません。
そんなことは少なくとも市議会議員ならわかっているはずです。民主市政の会には市議会議員はいないのでしょうか?

その次のチラシではもっとエスカレートしています。曰く、
○「福祉を削って100億円貯めた。」
削ったとされる福祉は
◆「被爆者団体への補助金」
これには別の形で被爆者の語り部活動委託金が出されているのですが、そのことには触れていませんね。
◆「行政協力員への支給」
これも、市民活動への予算の出し方の整理のことで、どうすれば「福祉を削った」と言えるのかわかりません。
そもそも、被爆者支援は年間7万円、行政協力員への支給も、せいぜい年間数百万円。
どうすれば100億円も貯めることができるというのでしょう。
◆「国保料を高く取って、百億円貯めた?」
 国民健康保険は独立した会計です。市がそこからお金を抜いて貯めることはできません。
そのようなことは民主市政の会はそれこそ百も承知のはずです。どうして仕組み上できもしないことを言うのでしょうか?
 同じ所得でも他市に比べて保険料が高いのは、残念ながら尼崎市民の所得が全体的に低いからなのです。
 それともこの百億円を使って国保料を下げるための繰り入れをしろと言うのでしょうか。
 国民健康保険にはこれまでも、法律で定められた以上の市税からの補助金を入れています。この4年間で国保に入れたお金も貯金にまわしていたら、貯金はあと20億円近く増えていたでしょう。
他にもお金さえあればやりたい福祉施策はたくさんある中で、国民健康保険だけをあげて、もっと「貯金を使え」と言うのでしょうか。
それとも他の福祉にも貯金を使えと言うのでしょうか。

 なくてもよい貯金ではありません。たとえ福祉のためとは言え「使ってしまえ」ではすみません。
「宵越しの金は持たねえ」では責任ある行政とは言えないのではないですか。

散弾銃2009/05/03

5月3日。
連休の真ん中のこの日、私はこの20年、尼崎を離れたことがない。つまりゴールデンウィークは全くゴールデンではなかったということになる。

朝日新聞襲撃事件。あのテロの被害者、小尻知博記者は尼崎が担当であった。彼と取材を通して知り合いだった尼崎のメンバーが中心になって、事件の翌月「追悼とテロ反対」の集会を尼崎市内で開いて以来22年、1回休んだだけで毎年5月3日の事件の記念日にはなにがしかのイベントを欠かさなかった。

散弾銃の弾が足りなくなるほどたくさん集まって発言、表現しようとの相言葉で「青空表現市」と名付けられてからは屋外でのイベントが中心になった。

当時は「これなら散弾銃が足りなくなる」と豪語できるほどの人数が集まったが、22年たった今では散弾銃2,3丁で十分?な程メンバーも減ってしまった。

けれど、実行委員たちは、本当に長い付き合いになってしまって、今も小尻記者への献花の催しだけを、事件を忘れまいと続けている。

今日も献花の催しを阪神尼崎駅前でやった後、朝日新聞労組の主催の集会に参加、そののち、西宮の朝日新聞阪神支局に事件当時の展示があるというので見に行った。

遺影に詣でたのち、展示室を見て回る。

散弾というのはあんなに小さなものなのだ。釣りに使うジンタン錘の最小のものよりも小さいかもしれない。

それが何百と体に食い込む。残虐な武器。

テロ。かつて日本を戦争の道に誤らせた大きなちからがテロであった。

やっぱり誰でも人間だから暴力は怖い。その恐怖心を使って政治をねじ曲げるという事は、それが可能なだけに、何としても許してはならない。

銃の前に立って、それに打ち勝つためには、銃弾よりも多くの人々が心を合わせるしかない。

中国障害者芸術団公演2009/04/28


  写真の「千手観音」をはじめ多彩な芸を披露してくれる中国障害者芸術団の日本公演に無料招待できます。
 
 日中の、特に障害者の交流の発展のために大きな意義があると思います。

 内容は、見に行ったことのある人の折り紙つきです。

 ぜひ、見に行ってあげてください。

 チケットは、酒井まで申し込んでください。お送りします。
        ℡ 06-6481-3930 Fax 06-6481-3984


西宮公演  5月16日(土)14時開演
      西宮アミティホール

写真のための追加2009/04/23

 前の文章にふさわしい写真はこれです。2枚上げようと思ったのですがやり方がわからないので、二つめを書きました。

脱線事故現場2009/04/23

 4月25日を前にして、「脱線」というあの事故を運転手側から描いた芝居を見てしまって、すっかり脱線事故づいてしまいました。

あいさつ回りの往き帰りに、現場によってしまいます。

その成果です。例のカーブを写真に撮ってきました。「例の」というのは、まさにこのカーブで電車が脱線したというだけでなく、このカーブの曲率そのものが事故の原因だと言われているのです。

上り列車は、写真手前から右にカーブを切って尼崎駅に向かいます。60キロの制限速度表示があります。当時は制限70キロでした。脱線した電車は100キロ以上の速度が出ていたそうです。

運転手が「日勤教育」などの「しごき」への恐怖から回復運転の速度を出しすぎたことがもちろん第一原因です。

しかし、鉄道会社としては、運転手がミスをしても事故が起きないように、二重三重の安全性を確保することが必要です。

上り線はかつては、衝突したマンションの左側を通っていました。輸送力増強のために下り線と同じルートに付け替えたのですが、カーブは急になりました。下り線はこのカーブの手前に、尼崎駅から発車してすぐに大きなカーブした陸橋があり、速度は出にくいのですが、上り線は伊丹駅からの長い直線で速度が上がりやすいのです。

カーブの曲率も当初の設計では半径600mだったそうで、なぜかそれが半径300mになってしまった。このような条件の急カーブには、少なくともATSの設置が必須でした。

ミサイル?人工衛星?2009/04/13

ミサイル

 「隣の家の屋根越しに花火を上げる奴があるか!」「隣家としては騒ぐのも当然だよな」という「ノリ」で、日本政府の大騒ぎを見ていたのですが、・・・

 政府がよりどころとしている国連決議の内容を知って驚きました。

「北朝鮮はミサイル作ったらあかんで」というものだそうです。
 核拡散防止条約も手前勝手だが、条約だから加盟するかどうかはまだその国の「判断」だけど、この国連決議は加盟か非加盟か選択する余地もなく一方的に「俺らは持ってもええけどお前とこはアカンぞ」と決めつけるもので、究極の手前勝手。アメリカやロシアなんかどの面下げてこんなことを言うのだろう。
 日本にしても、ミサイルとして使えるロケットで人工衛星を打ち上げているのだから、一概に隣の国はアカンとはいえないはず。(たとえどんなに評判の悪いお隣でも)

 つまり日本政府が、北朝鮮のミサイル打ち上げを非難している根拠は、隣の家として「危ないやないか」というのではなく、この手前勝手な国連決議であるということのようです。だとしたら麻生さんのしかめつらの正統性にも眉毛につばをしてかからねばなりません。
 
 そうすると(眉毛につばをつけてみると)、あれはミサイル迎撃ミサイルのお披露目だったのか、と思えるようなシーンがたくさんありました。

 1 東京のど真ん中、人目につくところに配備された迎撃ミサイル。
  落ちる危険があるのは東北地方だよ。
  しかも、官邸を守るにして、もうんと長距離で迎撃するミサイルをそんなにそばにおいてどうするの?
 2 迎撃ミサイルの展開する場所の入り口を警戒する自衛官。門番みたいに堂々と立っている。
  ほんとはどこかに身を隠して警戒しないといけない。あんなもの、ほんとのゲリラは遠くから狙撃してから突入する。

 挙句の果てにあの誤報。とてもかっこ悪かった。危機だ危機だと戦争のように騒ぎながら、本気で「危機」に対処する腹も据わっていないことが露呈しました。

 国民を怖がらせて、軍備増強への支持を取り付ける、現政権の求心力を強める。

 国民の支持を失い弱体化した政権の常套手段ですが、はたして我々をだますことはできるのですかね。

 相手は「人工衛星だ」と言い張っているのですから、「それなら軍事秘密もないだろうから、うちの屋根越しに上げずに種子島を貸してあげるからそこから上げなよ」位の事は言ってみたらどうでしょうね。
 それでも屋根越しに撃ちたがるようでしたら、その時彼らの目的がはっきりするでしょう。

エピソード 2 電波が焼けた?2009/04/10

 避難者の世話などで走り回っていると、さまざまな声がかかります。激励、お見舞はもとより、被災関係の様々な問題が訴えられます。
 当惑したのは「火事からこっち、テレビが映らなくなった」という苦情でした。

 まず、両者にどういう関係があるのかが思い浮かびません。
テレビの電波が火事で焼ける???
火事の煙で電波が妨げられる???

 入口の疑問に引っ掛かってしまって頭が回りません。

 何人もの方から同じ苦情を聞いているうちにようやく事態が飲み込めてきました。

「キョウチョウアンテナ」

 高層建物の電波障害対策で協聴アンテナを立てて、そこから有線で各家庭につないでいる、その線が市場の火事で焼けおちたようなのです。

 そのことが分かりかけた時には、すでにだれかから連絡が行ったようで、業者さんが見に来ていました。
 しかし「立ち入り禁止を解いてもらわんと作業ができない」とのことで、もうしばらくは我慢してもらうしかない。

 そう勝手に納得して歩いていると、また

「テレビが映らへん」と声がかかります。

「線が焼け落ちたらしいです。修理には来てはるからもう少し我慢を」と答えると、
 
「お前、市会議員やったらなんとかせんか」と罵声。

 ほんとに「とほほ・・・」 でした。

この判決は重すぎる2009/03/27

 尼崎市卸売り市場の偽計業務妨害事件の判決。T元市場長、S元係長の二人に執行猶予付きですが懲役。公務員は禁固以上の刑が確定すると失職してしまいます。その意味では事件の性質に比べてとても重い判決だと思います。判決でも、「両被告とも個人的利益は図っていない」と認めているのですから、仕事のために良かれと思ってやった違法行為ということになります。違法行為ですから刑事処分を受けるのは当然としても、職を失わせるほどのことか、という点では大いに疑問です。
 情状酌量という言葉はこんな場合のためにこそあるのではないでしょうかね。

焼け出された障害者作業所に支援をお願いします。2009/03/26

 私の事務所の被害と別に、焼けた市場の中には障害者作業所が2つありました。
 尼崎では先々週にも同じような市場火災があり、そこでも障害者作業所が2箇所(1団体)焼けています。いずれも全焼です。
そこでこれらの障害者作業所に再建支援のカンパを募ろうと、尼崎の障害者団体が相談してセンターを立ち上げました。



ご紹介しますので、どうかよろしくお願いします。一口1000円からです。

少し先ですが、定額給付金を使うのもよいのでは・・・。


カンパ送付  郵便振込み口座 名義 尼崎障害者センター基金  00930-0-156834



問い合わせ先 尼崎市内障害者関連団体連絡会 ℡ 06-6418-2120

市場火災仲間2009/03/25

 難波センター市場の少し前に同じく大火のあった椎堂の園和ショッピングセンターの様子を見てきました。園田支所の職員さんに案内してもらって現場に行くと、建物の構造物、といっても焼けたトタンなどが重なっている状態で、ここも後の処理が大変だと思いました。住宅に包まれるようにして焼け跡があり道に接している面積が小さいことも処理の困難さを増幅しています。

 ここは個別の所有だそうで、火災後すぐに不動産屋が虫食い的に買収に入ったりという、共有(区分所有)とはまた別の不都合があるようで、いずれにしてもこの種の市場火災の処理困難は変わりません。