動物ビスケット2012/12/07

 酒井事務所では、時として山賊の酒盛りの様なものが始まります。
 飲み物は安い焼酎か、第3のビール。ただし、到来物でもあればそれがたとえ養命酒でも、そちらから呑み尽くされるのですが・・・。

 そして、つまみ。これについては様々な事件が起こります。

 二つ紹介しましょう。

 一つは、動物ビスケット。そう、ゾウさんやウサギさんの形をした、とてもプレーンな、もちろんの事とても甘ーい、死ぬほどたくさん袋に入った、あのビスケットです。

 常連ンメンバーの中で一番の酒飲みが、つまみとして乏しい軍資金でこれを買って来た時は、たいていの事には驚かぬ我が山賊たちもさすがに騒ぎになったそうです。
 でも騒ぎは一時の事、そのあと面々はこのビスケットをつまみながら、和気あいあいと酒を呑んだようですが・・・。

 もう一つ。
 その日の買い出し係は、西郷さんのようにワンコを連れていました。
 買い出しが帰ってくるころには前からあった酒で他のメンバーは出来上がっています。
 「つまみが来た。お―し、缶詰め。ソーセージ。」と、みな腹が減っています。
 「この缶詰め、味がない。」という声もなかったわけではないようですが、とにかくこの日もみんな楽しくへべれけになって帰りました。

 後にゴミ箱に残ったのは、もうお分かりでしょう。言わずと知れたドッグフードの空き缶。
 全て食べつくされて、肝心のワンコはというと、酔っ払ったご主人にいくらねだってもその晩は食べ物がもらえなかったとか。

 どちらもそこに酒井は居ません。念のため。

原発運動に逮捕の魔手2012/12/17

 原発反対運動に対する公安警察の弾圧が始まりました。歩道をあるいた咎で若手の大学の先生が逮捕されたのです。JR西日本の土地だったと言うのです。誰の持ちものかは知りませんが、そこはどう見ても歩道です
 他にも非道な逮捕が始まっています。公安警察は、社会運動がある水準まで発展すると必ず逮捕という名の拉致を試みます。
 目的は、
 1 運動の破壊   (運動の要の人物を奪う)
 2 サンプリング  (どんな奴が運動しているのか調べる)
 3 参加者への恫喝 (「こんな所に来てるとろくでもない目に会うよ」)
 です。
 法的に正当な理由はありません。逮捕とは名ばかり。実際は「拉致」なのですから。
 純真な人々は「ひどいことをする」と怒っています。私も同じく怒りを覚えますが、他方で、「やつらはこういうことをするものなのだ」と思ってしまっている私は何なのでしょうか。

 ともあれこの無法なふるまいを許してはいけません。
 下地さんからは以下の様なメッセージが発表されています。紹介します。


 ◆ 不当勾留中の下地さんから 声明文が届きました ◆

逮捕状の被疑事実は、すべて、事実ではありません。当日現場にいた公安の警察官もすべてを見ていたはずなのに、堂々と事実と異なる被疑事実に基づいて逮捕を行ったことに、とても驚いています。


なぜ警察がウソをついてまで私を逮捕するのか。それは私が、原発の再稼働に反対し、放射能の拡散に反対する市民運動に参加してきたからであり、とりわけ、運動の中で出会った警察の不正行為についても厳しく批判してきたからです。悪いことはなにもしていません。


いま、私たちが暮らす日本は、そして世界は、危機的な状況にあります。福島の原発事故はいまだ収束せず、4号機の使用済み核燃料プールが倒壊すれば、日本だけでなく、世界が終わると言っても過言ではない大惨禍をもたらすことになるでしょう。放射能汚染への対応もまったくできておらず、食品その他の流通を通じて、汚染は拡大しつつあります。そんな中、「電気が足りない」とうそぶき、原発を使い続けようとしているのです。すべてが狂っているとしか言いようがありません。


この半年か1年の間に、政府がどのような施策を行うか、それによって私たちの未来は大きく変わるでしょう。日々、学生たちの顔を見ながら思います。二十歳そこそこの彼らが私と同じ四十歳になる頃、どんな世界に暮らすことになるのかと。そのたびに、今回の原発事故を防げなかったこと、先輩世代として申し訳なく思います。彼らには罪はないのですから。せめて、少しでもマシな世界を残せるよう、微力を尽くしたいと思っています。事故はすでに起きてしまいましたから、時間はあまり残されていません。しかし、希望はあります。


私は、いま、動くことができなくなりました。でも、諦めてはいません。こうして、私の声を外に届けることもできます。そして、もっと多くのみなさんが行動してくれれば、声をあげてくれれば、きっとまだ間に合います。


私はとりわけ、私と同じように大学で教えている人、医師や科学者などなんらかの意味で専門家と呼ばれている人たちに呼びかけたいと思います。「無知で冷静さを欠いている」かのように見える市民にこそ学んで下さい。その声が無視され、軽んじられている人のために語って下さい。


真実は、批判と応答を通じて初めて、姿を現します。政府をはじめとする権威が語ることではなく、その反対側に立ち、権威に対して反問することを通じて真実が明らかになるように行動して下さい。まちがってもいいのです。常に弱い側に立ち、その軽んじられる言葉や存在を擁護し、自らが仮にまちがうとしても、逆説的に、権威との言説の応酬の中で真実が明らかになるように、語って下さい。あなたの専門分野が何であるかは、関係がありません。勇気をもって下さい。


最後に、私がもっとも深く関わってきた震災がれきの問題について述べます。大阪市は11月末に試験焼却を強行し、来年2月の本焼却開始に向けて着々と準備を進めています。
何度もあちこちで述べてきましたように、震災がれきの広域処理は誰のためにもなりません。それは被災地支援どころか復興予算の横取りであり、かえって復興の足を引っぱります。同時に、放射能をばらまき、かつ、汚染地の人々に放射能を受忍させ、加害者である東京電力の責任を軽減するものです。代償は、私たちの、子どもたちの、そして、これから生まれてくる子どもたちの命です。こんなデタラメな施策が許されていいはずがありません。絶対に止めなければなりません。これまでともに学び、取り組んできたみなさん、諦めずに戦ってください。また、これまで震災がれき問題について知らなかったみなさん、是非、今からでも知って力を貸して下さい。これは、私たちの未来そのものを守るための戦いです。


私はいつ出られるかわかりません。でも、いつかきっと出られます。姿は見えなくても、心はともにあります。この間、不当に逮捕されている他の仲間たちもきっと同じ気持ちです。みなさんに会える日をたのしみにしています。


2012.12.12 下地真樹